ウはウミウシのウ シュノーケル偏愛旅行記/宮田珠己

ダイビングではなくシュノーケリングを偏愛する著者の、世界のシュノーケリングスポットを巡る旅行記である。行く先々でダイビングと比べて格下な扱いを受けがちなシュノーケリングについて抗弁するのが微笑ましい。

ダイビングのための装備、約束事などの多さが煩わしいという著者の意見に共感する。そしてもう一つは、自分の身体のみで道具を介さず極力シンプルに自然を体感したいという気持ちがシュノーケリングを選ぶ理由だ。

僕の趣味は最小限の設備で、自分の身体で直接自然と向き合うことだ。

登山/トレイルランニング、水泳、スキー(これは道具必要だが仕方ない)、ヨガ、キャンプ、できる限り道具なしで楽しみたい。

宮古島でシュノーケリングしてめずらしい生き物を見るのは毎回本当に楽しい。そして、大事なのは著者のような緩いスタンス。決して趣味として技術や知識レベルを向上させるような努力はしない。このスタンスはイイ。だいたい何事にも快楽のみ追及型で生きれば良いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です